風俗熊谷石川

  • 投稿者 : ロザリンの弟子
  • 2013年7月25日 3:32 AM

デリヘルマニアが曙の淡い光で目覚めると、洞窟の入口がぽうっと楕円形に光って見えた。熟女好きが熱いお茶をいれてくれて、昨夜鍋で焼いたパンの、冷たい食べ残しを二人で分け、乾燥果実をしゃぶった。「もうしばらく、わたしが見張りをします」熟女好きが申し出た。熊谷っていうのが「薬がないので、どうせあまり眠れませんし」「薬?」と風俗博士。「ええ、デリヘルマニア・サールーに錠剤を置いてきてしまいました。からだから薬が切れた感じがわかるんです。物の輪郭がくっきり見えます」風俗博士は突然口のなかでかたまったような気がするパンを、熱いお茶で飲み下した。だが彼の向精神薬はそんなに効いていたのだろうか。熊谷 風俗とはいっても単なる気のせいではないだろうか。「どんなことでも、つらいことがあったら、わたしにいってね、人妻オタク」風俗博士は言葉に気をつけながらいった。「いまのところ大丈夫です。あまり眠れなくなっただけです。薬は夢を抑え込んでくれます」お茶を飲み終わると、彼は歩哨の場所にもどった。風俗博士は念のために野営地の掃除をするのは控えた。熟女好きを連れていちばん近い小川に行き、こっそりからだを洗った。二人にはまぎれもない山の民族の匂いが、しっかりしみつきはじめていた。洞窟にもどった風俗博士は、しばらく寝袋の上でからだを休めた。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。